風俗エステの多くは、店舗型ファッションヘルスの様に利用者の目に露出するかたちでこれまで営業をしてきました。しかし、デリバリーヘルス(派遣型ヘルス)が存在してきてから少しずつ状況は変わってきたと考えられます。それまで、大きく営業展開できなかったメンズエステ(風俗エステ)の業界が広く一般に認知されるきっかけにもなったでしょう。しかし、良くある風俗店とは違いメンズエステ店はあくまでもマッサージ行為を主体としたサービスです。男性を気持ちよくするという考えのベクトルを置くポイントが少しだけ違います。もちろん、お店によっては性感(脱いでの接客)や回春(サービスの最後にヌキ行為あり)といった感じで、様々なやり方があるものですので、見られ方や認識のされ方によっては、より強めに風俗店という認識をされてしまうこともあったでしょう。しかし、メンズエステ店に関してはオプションでマッサージの種類を選択できたとしても、風俗店らしい行為は基本的にありません。提供するやや積極性のある行為が性風俗行為に接触する程度なもので、その部分があるが故に風俗店としての届出書を出す必要があるようなものです。風俗店であること自体に違いはありませんが、現実的にはそれほど深いことはしていないでしょう。それがより顕著に表れてきているのが、昨今増加中のメンズエステ店の存在です。これら『メンズエステ』と呼ばれるお店達は、風俗店ではありません。まさに、現在流行りの闇営業ともいえるようなグレーな立ち位置にいるでしょう。マンションの一室を利用して営業を行う個人営業の指圧マッサージ店といった感じなので、メンズエステというよりもエステティックサロンに近いような業種です。世間一般的にはそのような認識の状態で営業をしているものですが、「メンズエステ」という呼称を使っているから一般的な業種だと逃げられるような側面もありつつ、「メンズエステ」といえば一般的には風俗店を多く差すという側面も利用した、2重のマーケティングが成立してしまっているだろうと考えられます。とはいっても、もしも実態が風俗エステだったとしても、届出書を出さずに営業できてしまう「メンズエステ」は、実は風俗店の届出書も有しているといったことで逃げられる可能性があるのも事実です。風俗行為が発生すれば、派遣型風俗の色合いを出し、そうでなければあくまでも個人営業の範疇として雲隠れができる可能性は十分にあるのです。こうなると、現実的にこれら昨今増加中であるメンズエステ店をしっかりと取りしまり正常化させられる可能性は非常に低いものと考えられるでしょう。これこそが現在のメンズエステジャンルに降りかかってきている大きな問題であると言えます。表向きはまともなお店であっても、風俗サービスをちらつかせられれば、どんな男性利用者も嫌だという人はいないだろうとも思いますしね。そもそも、表立って健全なかたちでメンズエステ店を営業したいのであれば、もっとまともに営業ができるはずですし、女性スタッフの容姿などは関係ないものでしょう。運営側も働き手側も分かっててそういうお店に勤めている部分もあるだろうと思うので、若干怪しくズルい部分も見え隠れします。何かあれば、お店を閉店させてまた違うお店を開けば良いだけなので違法行為も蔓延していそうです。こういった状況から考えても、昔からあるメンズエステ店というものはかなり信頼できるものであると考えられます。楽しく安心して利用できるお店の方が絶対に良いに決まっていますので、ここは間違いがないものでしょう。
五反田 風俗エステマッサージ [イマジン東京]

どのオプションで遊ぼうかと迷うケースもあります。五反田のメンズエステはまず、どのジャンルにしようかなとかどの女の子にしようかなってことで悩むじゃないですか。もちろんその悩みもまた、とっても楽しいものな…>>続きを読む

私は以前、五反田は回春マッサージのイメージが強い旨の内容の記事を書いたものですが、今回五反田の回春マッサージ店を利用する際は紳士な気持ちを心がけるよう皆様にも気をつけていただきたく、この記事を第二弾と…>>続きを読む

私は以前、五反田は回春マッサージのイメージが強い旨の内容の記事を書いたものですが、今回五反田の回春マッサージ店を利用する際は紳士な気持ちを心がけるよう皆様にも気をつけていただきたく、この記事を第二弾と…>>続きを読む

120分コースくらいが五反田のイメクラでは理想ですかね。やっぱり時間というのは自分の気持ちも帰るものなんです。料金だって変わりますけど、それ以上に自分の気持ちが全然違うものになると言っても過言ではない…>>続きを読む