風俗で身を粉にして働くなんて、いよいよ自分の人生も絶望的になって来たのではないかと気持ちが落ち込んだりすることもありますが、この選択肢を選んだことについては、受け入れていくしかないと思っています。デキ婚をして子供が生まれたものの、父親の自覚を旦那が持たずにいたため、愛想をつかして別れてしまいました。これほどまでに家族として過ごして行くことは難しいのかと思いましたね。お金をどうやって稼ぐのか、育児をどうするのか、色々と悩みましたが、案外シンプルに解決することができました。それが託児のできる五反田の風俗で働くということでした。託児が風俗で可能になるなんて、風俗について全くの無知だった自分としては天と地がひっくり帰るほどに驚くことだったんですけれども、実際にそういう仕組を取り入れていると聞いてからは、もうここで働くしかないと思いました。なぜ風俗で託児をすることが出来るのかというと、お店の方が託児所と連携を取っているということが理由でした。シングルマザーとしては働いている女性が多いので、このような形になったようです。自分と同じような環境におかれながら働いている人がこんなにも周りにいたなんて驚きましたし、強い味方になりました。ただやはり最初は風俗で働くことに抵抗はありましたね。働いていて性病が怖くないかとか、乱暴なお客さんはいないかとか、不安だらけでした。しかし思ったほど怖い感じのお客さんはいないですし、性病もいまのところは大丈夫です。消毒も徹底しているみたいですし、仕事が終わって子供を迎えに託児してもらっている場所に行く時には早く会いたい気持ちを抑えて、よりいっそう慎重にうがいや身体をしっかりと消毒しています。意外とそういった部分に気をくばっておかないと、何が起こるかわからないので、やれることは出来る限りやっておこうと思ったわけです。こうして、夕方から風俗で働いて、夜中に子供を引き取って帰るという生活が続いてきました。だいぶ慣れてきた部分も出て来ましたし、ちょっとしたお客さんのトラブルにも落ち着いて対応できるようになってきました。日本人の民度が世界と比べると良いなんて言われていますけれども、実際にエッチなことをしている時となると話は別だと思いますし、そういった部分も含めて割り切って仕事ができるようになりました。託児ができるのがとにかく大きい部分になるので、しばらくはこの環境でやっていこうかなと考えています。
託児所ありの風俗店【ハイパーエボリューション】

これまで何箇所かの風俗店で働いて来ましたので、それなりに酸いも甘いも噛み分けて来ています。お客さんと危なく付き合いかけたりもしましたし、ちょっと危ない感じのお客さんが来たこともありました。自慢ではない…>>続きを読む