いわゆるオタクと呼ばれる人種として子供の頃から育って来ました。ステレオタイプな、髪はボサボサ、お洒落と程遠い黒縁の眼鏡をかけて、小太りの体型です。最近は白髪も混じってきました。高校・大学時代は部活やサークルでそれなりの青春はあったものの、卒業して社会人となってからは家と職場の往復、休日は秋葉原に入り浸っています。オタクは家で引きこもりがちというイメージが意外と世の中では先行しがちですが、毎週のように秋葉原には行っているので意外と自分自身ではアクティブな方であると自負しています。とは言ってもオタクはオタクですので、会社では女子社員と話をすることは全くありませんし、会話をする女性は日常生活の中では一切いません。さすがに実家も出て一人で暮らしている為、母親と会話をする機会もないのです。そんな中ではありますが、さすがにそろそろ女性に対する耐性をつけなければという危機感が出てきました。そのため秋葉原にあるデリヘルを利用してみることに。正直、秋葉原のメイドカフェに行くのは周囲の目線も気になりますし、実店舗に行くタイプの風俗店は手順が全くわからないですし、そもそも秋葉原にあるのかもわかりませんのでどのようにしたらわからずに確実にパニックになると思いました。しかし、デリヘルであれば自分と女性の1対1です。ある意味逃げ場が向き合わざるを得ないので、精神的にも悪くないのではと考えました。利用する前にはデリヘル利用者の口コミも徹底的に読み込んで、準備は万端になりました。問題はデリヘル嬢をどこに呼ぶかどうかです。ホテルは緊張感が出てきてしまうので、やや戸惑う可能性もありそうですし、秋葉原の中でどういうホテルを選んだらいいのかもわかりません。しかし、家に来てもらうのはそれはそれで住所を知られるのも嫌な気分になります。相当悩んでしまったので、デリヘル店に電話をした時に聞いてみることにしました。すると意外な答えが帰ってきて、おすすめのホテルやレンタルルームをお店の方から教えてもらえたのです。これは大助かりでした。そしてホームページ上で見た好みのタイプの女性を指名し、秋葉原の普通のシティホテルの一室で待ちました。やってきたのは思った通りのタイプの女性。小汚いままで会うのはまずいと思い、出来る限り清潔感を保った状態で行ったからか、自分に自信が持てて、意外とスムーズに話すことが出来ました。ホテルの部屋に入ってからはどのようにしたら良いのかが分からなかったため、ひとまずデリヘル嬢に任せることに。服をお互いに脱がしあいをした後にシャワールームへ。この時点で目線をどこにやったら良いのかが全くわからないほど緊張していましたが、なんとか乗り切りました。その後、デリヘル嬢と何をしたかは良く覚えていませんが、きっちりとイケたことは覚えています。こうやって精神的に女性に対する耐性をつけていきながら頑張るしかないのだと改めて思いました。
秋葉原 デリヘル!人気のイメクラ風俗【coco369】

普通にいやらしい体験をいろいろとできるように工夫してくれた女の子とデリヘルで出会う事ができましたのでお金を使ってよかったと思いました。いやらしい体験を様々な方法てま提供してくれる彼女は自分にとっては本…>>続きを読む

川越のデリヘルで遊びたいと思った時に、どこに女性を呼ぶかいつも迷ってしまうのです。意外と遊ぶのに適していると言えるようなラブホテルやレンタルルームが近くにないので、いざ張り切ってデリヘル嬢を呼ぼうと思…>>続きを読む

関連する記事は見当たりません…